LogoMark

特定非営利活動(NPO)法人

海外たすけあいロービジョンネットワーク

目の構造

目は小さなボールのような形をしていて、大人は直径約24mm、500円玉くらいの大きさです。小さいながらも外界から多くの情報を得て、五感のひとつである視覚を司っています。

eye

毛様体

眼球内の栄養供給や代謝を行う房水を作ったり、ピントの調節をしたりします。

虹彩・瞳孔

目の中に入ってくる光の量を調節します。

水晶体

目のレンズで、厚みを変えることによりピントを合わせます。

硝子体

透明なゲル状の組織で、目の形を保持します。加齢とともに液化していきます。

眼圧

眼球の形を維持するための圧力です。

黄斑部

網膜の中でも、形や色を感知する細胞が最も密集している部分です。

眼筋

眼球を動かすための筋肉です。


上記以外は「眼炎症について」で説明します。


眼炎症について

inserted by FC2 system